SCREEN STARS

「Fruit of the Loom」社は、設立当初「肌着」メーカーとしてスタートし、1980年代頃までは、一貫して「肌着」としての「無地Tシャツ」を販売していた。
(古着市場で「Fruit of the Loom」ネームのプリントTを稀に目にする事はあるが、「肌着」にプリントされた物であり、まさにレア物である。)
SP(セールスプロモーション)需要の高まりから1980年アウター用(プリンタブル)のTシャツの販売を目的に「Screen Stars」の製造、販売を開始する。

1990年代まで編み立て〜縫製まで一貫生産体制をとっており、ピーク時(1980〜1990頃)には「Screen Stars」ブランドで、年間約1億枚を米国及び欧州で販売していた。

なお「Screen Stars」は現在アメリカでは流通しておらず、古着以外での流通は日本だけである。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2